契約書作成、交渉代理・フォロー


契約書作成、交渉代理とは

 

 中小・零細企業の皆様の中には、社内に独自の法務部、知財部といった組織を設けられていない場合もあり、実際の契約にあたっては、しばしば取引にあたって問題となるケースがあります。特に、口約束で進めてしまった結果、後から思いもよらないトラブルが発生することも珍しくありません。

 

 弊所においては、このような部署がない場合、あるいは契約手続のフォローを必要とされる方々に対して、契約書の作成から交渉代理、さらには契約書面のチェックまでをトータルでサポートしております。


契約書作成


中小・零細企業の方々が一般的に契約を締結される場面は多いのですが、しばしば契約書のないままビジネスを進められることにより、後日大きな問題に遭遇することがあります

 

そのため、弊所では中小・零細企業の方々が万が一のことになっても絶対に負けない契約書を作成することにより、皆様のビジネスをサポートいたします。

 

なお、今後の契約に備えた雛形契約書の作成についても承っております。

 

 以下に契約書の一例を示します。

 ・売買契約

 ・製造物供給契約

 ・事業承継契約

 ・販売店契約

 ・雇用契約

 ・工事請負契約など

契約交渉代理、フォロー


契約には、必ず当事者同時の合意があって成立します。そして、その当事者がそれぞれの熱い思いを書面に整理していきます。

このような整理の手続では、自らの利益とリスクのバランスをとるために、経営と法律の両方からアプローチを図ります。

 

ところが、法務部などの部署の無い事業所の場合でありますと、人員とノウハウ不足により、交渉人数からも不利になることとなり、思わぬ落とし穴(契約条項の判断ミスなど)に落ちてしまうこともあります

 

そのため、弊所では中小・零細企業の方々で、契約の実践的な交渉をサポートする立場として、契約書作成のみならず契約交渉への立会い、議事録の整理、契約交渉のアフターフォローを致しております。

契約書ドラフトチェック


契約書を作成しますと、一度は関係者に見てもらうことがあります。これをドラフトチェックということがあります。

 

このチェックについては、全て社内で行なわれることもありますが、契約書には例えば以下のような落とし穴があります。

 

①強行法規等に違反していないか

(故意・重過失でも損害賠償請求は一切認めない、その気になったら支払う、支払い条件が成否不明である、経済法(例:独占禁止法など)などに違反している・・・など)

 

②契約成立条件が有効かつ明確か

(契約の法的性格、権利義務関係の定義など)

 

③法令違反になっていないか

(契約の文言が、関係する法律より認められない場合は、法令違反となることがあります)

 

弊所では、一度作成された契約書を法的側面より問題が無いかをチェックをするサービスを行なっております。