ITARコンサルティング、USML判定手続サポート


 国際武器取引規則(ITAR)では、安全保障関係に関連する可能性の高いハイスペックな貨物、技術データなどの知財関連品目の取り扱いについて、幅広い行政裁量を米国政府に認めており、最新の条文による確認と、専門的な視点により、必要な情報提供、コンサルティングを行っております。

 

 弊所では、ITARを国境を超える知財移転という側面より、身近な視点でご説明いたしております。



【1】 ITARとは何でしょう?

 ITARとは、International Traffic in Arms Regulations ("ITAR," 22 CFR 120-130)として米国製の武器関連品目・技術の取引を規制する米国の行政規則の一つで、国務省(DOS)の武器取引管理局(DDTC)が所管しています。

 ■米国国務省DDTC Homepage:https://www.pmddtc.state.gov/index.html

 

 EARは、汎用製品に関する規制を取り扱っていますが、ITARは軍事用途に着眼した規制です。域外適用の効力がありますので、日本企業であっても、販売代理店契約などにより米国製の規制品目を取り扱う場合、ライセンス契約により国産化する場合、米国の技術者からのコンサルティングを継続して受ける場合などはITARの適用行為となるため、注意が必要となります

 

 最近では宇宙関連のベンチャー企業が活躍する中、本規則の深い理解が必要となっています(通常は、TAAによる契約承認手続を受けます)。

 

 

【2】 ITARで規制される行為は?

 ITARは、USML(米国軍事品目リスト)記載の製品、技術などを輸出(Export)、再輸出(Re-export)、再移転(Re-transfer)規制します。用語の定義はITAR§120に規定されていますが、米国輸出改革(ECP)により改正が頻繁であるため、最新の法令の確認に注意が必要です。

 

  (a) Reexport, except as set forth in §126.16 or §126.17, means:

   (1) An actual shipment or transmission of a defense article from one foreign country to another foreign country, including the sending or taking of a defense article to or from such countries in any manner;

   (防衛貨物を第三国間での移転は規制されます。再輸出規制の根拠となります。)

 

  (b) Any release outside the United States of technical data to a foreign person is deemed to be a reexport to all countries in which the foreign person has held or holds citizenship or holds permanent residency.

   (合衆国外で、防衛技術データを外国人へ提供することについても規制対象です。

 

 

【3】 具体的な事例

 ITARに関するビジネスとしては、最近では宇宙ビジネスに関連したケースがあります。

 

 例えば、原子時計などの正確な時刻計測のできるユニットを米国から輸入搭載し、海外のロケット発射場から宇宙空間へ射出する、開発した衛星などの宇宙飛しょう体の管理権を第三国へ移転する、衛星搭載についてロケットインターフェースについて、搭載側に技術資料を提供する・・・といった場合があります。

 

 その他にも、純粋な軍用品目に対する取扱もあります。

 

 

(出典)内閣府準天頂衛星システムHP一部抜粋


 

【4】 ご質問の一般事例について

 EARのお問合せの際に、ITARのご質問を頂くことがあります。以下のような一般的なご質問がございます(内容は抽象的な形に編集しております)。

  •  EARにおける最小限規則(DEMINIMIS RULE)は存在するのか
  •  国内から再輸出をするとした場合、DS2032の登録は必要か
  •  永久輸出を対象とするDSP-5は再輸出でも適用されるか
  •  ITARが契約条項に入っていることがあるが、具体的な要求手続は何か

 

【5】 弊所のサービス内容

 弊所では、ITARが幅広い行政裁量を米国政府に認めている趣旨を踏まえまして、最新条文による確認と、DDTC当局への確認手続により、必要な情報提供、コンサルティングを行っております。これらの緻密な手続により、お客様の取引の安心・安全を最後までサポートいたします。

 

 (1) ITAR全般のご質問

  ITARの構成、主要な論点へのお問い合わせについて、ご回答いたします。

 

 (2) DSP、TAAなどの申請手続のサポート

  DSPによる手続、TAAなどの締結に当たっての必要な規制情報、手続をお手伝いいたします。

 

 (3) DDTC(武器取引管理局)への問い合わせサポート

  DDTCの担当者宛に、確認が必要な事項について代理手続により確認をいたします。

  これにより、Webサイトからの間接的な情報ではなく、ITAR担当者からの直接の情報を得ることができるため、間違いのない手続が可能です。

 

 

【6】 ご留意事項

 ITARに関する業務をお引き受けする場合は、以下の条件を満足していただくことが必要となります。

  •  法人企業、団体からのご依頼であること(個人の方からのご依頼は受け付けておりません)
  •  「外国為替及び外国貿易法」に定める輸出者等遵守規準によるCPが定められていること(未策定である場合は、弊所にて作成いたします)
  •  再輸出である場合が、取引する対象の輸出許可番号が明確であること。
  •  米国内で輸出される場合は、企業登録「DSー2032」が完了済みであること。
  •  その他必要に応じて、条件が追加されることがあります。