米国再輸出規制(EAR、ITAR)手続サポート、コンサルティング


米国法人企業の輸出管理から日本国内の再輸出手続まで、

”EAR、ITAR手続の法令調査、申請、行政機関との協議”

をサポートいたします。

米国の輸出管理法令であるExport Administration Regulation ("EAR," 15 CFR 730-744)及びInternational Traffic in Arms Regulations ("ITAR," 22 CFR 120-130)は、日本国内にある米国製品(item)や技術(Technology/Software)の再輸出/再移転に対する規制措置として、日本国内であっても米国法が適用されます(Extraterritorial-Application)。

 

米国司法省(DOJ)、連邦捜査局(FBI)の公開情報によれば、これらの法令違反により、逮捕起訴されている外国企業(中国、インド、イラン、カナダなど)や個人も多数上げられています。国際化の今日において、重要な外国法といえます。 

 



 暗号プログラム、センサー系に関するEAR判定手続のコンサルティング実績を元に、難解なEARに関する各種ご相談等に対応いたしております。

 また、SNAP-R申請手続からAdvisory Opinionの提出までのサポートを行っております(EAR Part748関連)。

 

  大学関係者へのITARのコンサルティング実績を元に、ITAR法務コンサルティング、DDTC(防衛取引管理局)への相談サポートをいたしております。

    特に、宇宙スペック関係については、重点的にご対応いたしております。